高山一実、乃木坂46初の小説家デビューへ。湊かなえが目標か?




人気アイドルグループ、乃木坂46のメンバー高山一実さん。

乃木坂46のメンバーの中でも突出した個性の持ち主として注目していますが

このたび、乃木坂46初となる小説家デビューを果たすこととなりました。

 

2018年11月28日に「トラペジウム」というタイトルで

KADOKAWAより発売となります。

 

小説家湊かなえさんの作品が好きだという高山一実さんですが

目標とされるのでしょうか?

 

いろいろ気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

乃木坂46高山一実のプロフィール

引用元ツイッターより

●名前      高山 一実(たかやま かずみ)  

・長女だから一実と名づけられたということですから本名なのでしょうね。未来という名前の候補もあったそうです。

●愛称      かずみん

●生年月日    1994年2月8日(現在24歳)

●出身地     千葉県

●血液型     A型

●身長      162cm             

・もうちょっと高い印象もあるんですけど、美脚の影響でそう見えるのでしょうか。

●乃木坂46     1期生              

・バラエティ担当。ほんとにかわいいけどほんとに面白い。

●目標アイドル  山口百恵             

・昭和を愛する「乃木坂46の昭和キャラ」。

●特技      剣道               

・10年余のキャリアで段位は2段。

●趣味      読書、写真            

・ここに小説家のきっかけがあるようですね。

高山一実、乃木坂46初の小説家デビュー前に短編小説を発表済み

引用元ツイッターより

高山一実さんの読書好きは乃木坂46メンバー随一で

「ダ・ヴィンチ」という本の情報誌の中で「乃木坂活字部!」という連載を持ち

 

その「乃木坂活字部!」のイベントの中のワークショップがきっかけで

短編小説「キャリーオーバー」を執筆。

同誌のオフィシャルサイト「ダヴィンチニュース」で公開されております。

 

ちなみに、同小説の挿絵は

元乃木坂46の深川麻衣さんが担当されておりますね。

スポンサーリンク

高山一実、小説家デビューの作品「トラペジウム」

引用元ツイッターより

 

では今回、乃木坂46初の小説発売となる「トラペジウム」の意味ですが

これは、調べますと不等辺四辺形、もしくは台形とありました。

オリオン大星雲中心部の星生成領域にある散開星団のことも指すようです。

 

表紙のかわいいイラストの子が

卒業を発表した西野七瀬さんに寄せてるのではと

話題にもなっていますね。

 

作品自体のストーリーですが

出版元のKADOKAWAさんの紹介文にはこうありました。

乃木坂46から初の小説家デビュー!
現役トップアイドルが、アイドルを目指すある女の子の10年間を描いた感動の青春小説!

高校1年生の東ゆうは「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。
「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」……?
努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!?

 
※KADOKAWAサイトページより引用
 
そして、作者である高山一実さん本人のコメントも
 
「キャリーオーバー」記載の上記「ダヴィンチニュース」にて掲載されていました。
 

高山一実コメント
長編執筆の決意をしてから2年半、
バッグには常に原稿が入っていました。
トラペジウムのことを考えなかった日は
一度もありません。

どんなメッセージを含ませたいか、
その為にはどうやってストーリーを運んでいけば良いか、
アイドルはどうあるべきか、
主にこの3つを繰り返し自分に問いかけ、
なんとか一冊の本に纏めることができました。

《アイドルの在り方》については
主観というより統計かもしれません。
ヒントをくれる人たちが常に
近くにいましたので、
環境と時間が答えへと導いてくれました。

夢を与える職業と言われているアイドル。
「小説」は、その夢の与え方がずっとわからなかった私が、やっと見つけた可能性です。

どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように。

※ダヴィンチニュースより引用

 
文章を見ているとほんとにしっかりした
 
知識人のコメントでこの文
 
自体に感動を覚えるなあ、素晴らしいなと思うのと
 
 
現役アイドルとしてこの作品を紡いで来た努力や
 
大変さが感じられて高山一実、すげーなあというのがあって
 
ほんとに尊敬の念を感じずにいられないですね。
 
スポンサーリンク

高山一美が小説家として目指すのは湊かなえ?

引用元 ツイッターより

 
めでたく小説家デビューとなった高山一実さんですが
 
小説家としての目標はどんな感じでしょうかね?
 
 
高山一実さんが普段推している小説家として思い浮かぶのは
 
やはり湊かなえさんですね。
 
 
湊かなえさんのデビュー作となる「告白」が読書のきっかけになる作品だったそうで
 
「少女」「母性」「未来」「贖罪」等々リスペクトされていますね。
 
 
一番好きな作家で湊かなえさんが「私の神様」とも発言されているとのことで
 
次回作以降、目標とされるのではないでしょうか。
 
 

まとめ

正統派アイドル、バラエティ、そして小説家と多才な面を見せてくれる乃木坂46高山一実さん。
 
1期生ということもあり、卒業の布石ではないかとの声もありますが
 
 
アイドル小説家としてバリバリ両方頑張っていただきたいですね。
 
お身体にだけ気をつけて、ですけど。
 
スポンサーリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

興味があって気になったことを いろいろ調べるのが好きです。 日々勉強中です。 毎日が勉強。 そして楽しい、幸せなのが一番。 より楽しく、幸せになっていけるよう 頑張っていきます! 連絡先tnms283@infoseek.jp