長谷川博己 大河主演で揺れる大人の恋




2018年後期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演。

今や国民的俳優となった長谷川博己さん。

 

2020年には同じく

NHKの第59回大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」

で、主演の明智光秀役が決定!

 

俳優業としては順風満帆の長谷川博己さんですが

気になるのは長らく話題となっている

女優鈴木京香さんとの熱愛の行方ですね。

 

破局、結婚と今まで今まで様々に伝えられていますが

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

長谷川博己と鈴木京香の熱愛報道

引用元ツイッターより

長谷川博己さんと鈴木京香さんとの出会いは

2010年10月から12月までドラマとして2011年9月には映画化された

「セカンドバージン」がきっかけと言われています。

 

激しい不倫愛を熱演し

それが熱愛に発展していたとのこと。

 

2011年の10月には熱愛報道され、その後交際から同棲の報道。

2013年からは結婚報道も出るようになったようです。

 

しかし仕事を優先したい長谷川さんの意向や

互いの家庭環境の問題等の報道の先行やリークなど

「結婚」「破局」報道がたびたび繰り返されております。

 

最近ですと、朝ドラ「まんぷく」出演中に

「破局」の報道がありましたが

 

長谷川さんの誕生日である3月7日に

鈴木京香さんのマンションから出てきたのをキャッチ。

「交際継続」という報道になっていて

 

相変わらず「破局」か「結婚」かの報道が続いています。

スポンサーリンク

長谷川博己に「大河婚」の可能性

引用元ツイッターより

結婚の可能性が出てきたタイミング

そしてここへきて、「結婚」なるかと注目されているのが

大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影開始のタイミング。

 

報道によると鈴木京香さんが京都に長谷川さんのために

別宅を京都に借りたとあり、

 

「麒麟がくる」の撮影開始は2019年6月とされ

新たな愛の巣となるのかと言われております。

大河ドラマ出演決定後の結婚発表が過去にもあり

 

大河ドラマでは、撮影開始となる前の結婚

というのが、いくつかあり

 

過去には、「利家とまつ」(2002年)で共演した

反町隆史さんと松嶋菜々子さんが直前の入籍で話題となっており

高視聴率を記録。

引用元ツイッターより

 

 

 

 

 

 

「平清盛」(2012年)では主演の松山ケンイチさんが

小雪さんと入籍

 

引用元ツイッターより

 

 

 

 

 

 

他にも大河出演をきっかけに入籍された方がおられます。

 

この理由として

理由1 大河ドラマを絡めての話題、宣伝となる。

NHK大河ドラマ出演といえば

役者としては大変なステータスであり

当然世間の注目度も高いです。

 

このタイミングで発表することで

NHK側も宣伝、話題となりますし

役者側もインパクトを高めることができます。

 

理由2 スキャンダルによるイメージダウン防止

逆に、男女関係において不本意なスキャンダルとして発覚することは、

ドラマに大きくイメージダウンする可能性があり、

 

期間の長い大河ドラマで

その辺の”ケリ”がついていれば

ある程度安心できるということです。

長谷川博己ロスでの影響

引用元ツイッターより

 

とはいえ、最後の大物40代独身俳優として

いわゆる中年女性のご婦人層からは

絶大な人気の長谷川博己さん。

 

結婚が決まることでの「長谷川博己ロス」による

人気への影響はあるかもしれません。

 

その懸念から事務所が破局をリークした過去が

あったとの報道もありましたが

そこは祝福となるのかどうかですね。

 

長谷川博己大人の恋は「実る」のか

引用元ツイッターより

結婚するかどうかが注目されてはいますが

結婚を「恋が実る」と表現していいかどうかは

人によるところだと思います。

 

今の状態がいちばんいい関係であれば

それはそれでいいのかなとも思います。

 

どんな選択であっても

二人が一番幸せになっていただければ

いいなと思います。

 

いずれにせよ大河ドラマ「麒麟がくる」

「まんぷく」ロスの私にとっては

すごく楽しみです。

アイキャッチはcongerdesignによるPixabayからの画像です。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

興味があって気になったことを いろいろ調べるのが好きです。 日々勉強中です。 毎日が勉強。 そして楽しい、幸せなのが一番。 より楽しく、幸せになっていけるよう 頑張っていきます! 連絡先tnms283@infoseek.jp